3月のライオン 青年漫画 青春群青劇

アニメ3月のライオン第19話感想〜島田さん哀愁漂いまくる

投稿日:

みなさまこんにちは( ^ω^ )

毎週お楽しみの3月のライオンの感想やります。

いやはや、早いもので、もう第19話ですよ!わっほい

原作でいうと、だいたい4巻の後半です。

映画までもう後1ヶ月ないです。

映画はこの先の内容をやってると思います。

でも、被ってるところもあるはず。

では、19話行ってみよ〜〜( ^ω^ )

スポンサードリンク


3月のライオンこれまでのお話

 

アニメ3月のライオン第18話感想
~進級おめでと( ^ω^ )

 

3月のライオン第19話ネタバレ

〜島田八段の回想から始まります〜

「将棋盤はずっと 赤ん坊の頃から当たり前に目の前にあった

俺が育ったところは東北の雪ばっかりの村で

牛とか鶏が人間より多いところで

さらにその人間も老人ばっかりで

〜〜

小学校の二年で周りの大人たちを負かすようになり

〜〜

東京の奨励会に入ることになった

バイト代と

応援してくれたじいさまたちや

地元の将棋クラスの人たちのお通しで

奨励会に通い続けた

・・ー夜行バスに揺られて」

「田舎では「天才」と言われたガキも

そこではただの「ガキ」の一人でしかなかった

・・ギシギシと軋む夜行バスのシート

果てしなく続く夜道

そのうち

軋んでいるのが

シートなのか

胃袋なのか

それとも心なのか

・・ーわからなくなった

その痛みを

俺は多分

・・今も抱えている」

そんな島田さんの元に春休み中の桐山零くんが訪れます。

「うどん買ってきました

うんと柔らかくしたら負担が少ないです

父が胃痛持ちだったんで・・

ちょっと待っててください」

「ん?あれ?倖田さんって胃痛持ちだったっけ・・」

(・・あ・・

違う・・そうか

本当の親の方か・・)

そうして二人は将棋を指します。

話題は宗谷名人のことに・・。

「あの3七銀を見たとき

控え室で同じこと言ったんだってさ 宗谷が」

(3七銀が・・

気持ち悪い)

「宗谷名人ってどんな人なんですか?」

「なんか・・・そうだな

鳥に似てる

”ウサギのかめ”てあるじゃん?

あれの”ウサギ”のもっと上・・

ウサギじゃなくて鳥

〜〜〜

ウサギは過信して自滅してくれるけど

宗谷は

”天才”と呼ばれる人間の御多分に洩れず

サボらない

自分を過信することがない

だからどこまで言っても差は縮まらない

どこまで行っても

しかし

”縮まらないから””といって

それが

俺が進まない理由にはならん

そして、島田さんの獅子王戦の為に京都へ向かいます。

島田さんは胃痛か青ざめた表情。

(そして夜になり獅子王戦第四局

前夜祭が始まった

みんなに囲まれた島田さんはにこやかに受け答えをしている

さっきまであんなに苦しんでいたのに・・)

そしてその日、桐山くんはスミスの部屋二お邪魔します。

スミスは電話の向こうの子猫ちゃんに嫉妬して

速を出て行きます。

・・そして

まるで何事もなかったかのように静かに夜は明け

獅子王戦第4局の幕が上がった

 

3月のライオン第19話感想

島田さんがいよいよやばいじゃないですかw

そっか・・・宗谷名人と同じ歳だったのですね。

同じ舞台に立って将棋を指す、それだけでもすごいこと。

第一線で戦っている人は、第一線の苦しみを持っている、という感じ。

島田さんのことは、なんか応援したくなりますよね。

全然ビジュアルとかモブっぽいし

好きじゃないんですけど(失礼(°▽°)

だんだん島田さんのことが好きになってくるから不思議なんですよね。

(あ。恋愛的な意味では全くない)( ゚д゚)

島田さんに、負けて欲しくない、負けて欲しくない、ってだんだん思えてきます。

これは、弟子の二階堂にも通じるところがあります。

まあ、一番好きなキャラは二階堂なんですけど。

島田さん頑張って!!!

なんか、島田さんには、うまく言えないですけど

報われて欲しいんです!!

あ。そう。それ。

報われて欲しい。

今回も、かなり世は無情なこと言ってましたね。

宗谷名人が天才で追いつけないと思いながらも、追いつこうとするその姿勢をやめない。

島田さんも十分非凡なお方です。

そんな人、今の日本社会にどれだけいるんですか?

そのお年まで!

だから二階堂たちがついていくんだなあとしみじみです。

話は変わりますが

スミス面白すぎでしょw

何ですか?子猫ちゃんのことどれだけ溺愛してるんですか???

気持ちはすっごいわかるんですけどねw

(わかるんかい( ゚д゚)

 

スポンサードリンク


まとめ

今回は、京都で行われる、獅子王戦の決勝トーナメントで

宗谷vs島田さんの勝ち負けが決まる戦いの

余興といいますか、そういう会です。

島田さんの回想回。

島田八段は、胃がキリキリしますが

責任感の強さで新聞記者のインタビューを切り抜けます。

いよいよ次回は宗谷名人との対局。

頑張ってくださいね。島田さん。

スポンサードリンク


-3月のライオン, 青年漫画, 青春群青劇

Copyright© アニコミクス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.