3月のライオン 少女漫画 青年漫画 青春群青劇

「3月のライオン」第10・9話 アニメ感想

投稿日:2016年12月17日 更新日:

3月のライオンのアニメが第9話まで進展したので感想をつらつらと

TVアニメ「3月のライオン」NHK放送テレビ

毎週土曜23:00〜

公式HPより

公式HPより

コミックだと2巻の最後らへんでした。

 

 

第9話あらすじ

零君の前に現れて香子。

香子と久しぶりに時を過ごすのだが、かけられた言葉は心に残る・・・・。

棋士歴40年、次に負ければ引退だという松永正一との対局へと足を運ぶ桐山零。

しかし試合前の神社で偶然松永と見つけてしまう。

そのあまりにも重い背中に恐れをなしてそそくさと対局場へと向かう零。

しかし、松永は非常に動揺し、もはや対局はわざと負けるのが難しい・・・?

 

 

オススメ度

★★★★★

この回は、当たり回だと思います。

松永さんのキャラがすごくいいですし、香子も登場して零君の過去もゆっくりと暴かれそう・・・。

ニャー将棋音頭も3番まで聴けましたし、オススメです。

 

感想

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-12-45

香子と久しぶりに再会する零。

無理やり部屋に押し入られ、二階堂のくれた布団を出す香子。

そして、現在の近況などを話し合うのです。

零が一人でこの六月町に住んでいること、将棋のこと、香子と後藤のこと。

そうして明け方、香子が出て行く時に、この日桐山が対局する松永さんについて

頭に残って離れないセリフを置いていきます。

 

「気が重いでしょ? 長生きして老いた犬の首を絞めに行くようなものだものね

なあんか心配なのよねえ あなたってこういう時 わざと負けてあげてりしちゃうんじゃないかって・・・

ほら・・・あなたって優しいから」

 

松永正一 七段

65歳 福島県出身

25歳でプロ棋士になる

棋士歴40年

最高成績 B1に1期

C2に降級したら引退

 

重い足で零は千駄ヶ谷の駅を降りるのです。

そしてそこにある神社で、松永さんの姿を見かけてしまいます。

その姿が・・・・%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-09-41

 

超絶暗かった。笑

これにビビる零は、対局場へと向かいます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-12-58

そして対局が始まりますが

あまりにも松永さんが弱いので、零はなんだか真剣に考えていたことが拍子抜けし

松永さんの震える姿にとても辛くなります。^^;

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-10-53

超絶負けの姿勢の松永さん。

「ほら あなたって優しいから」

今日この言葉もなんのその

これは既にわざと負けるのも難しいと判断した零くんは、さっさと対局を終わらせて

勝ってしまおうと畳み掛けます。

そして試合が終わった零くんはエレベーター待ちで一緒はいやなので階段で

ささっと帰ろうとするのですが、

同じことを考えていた松永七段とばったり出会ってしまい、おまけに

松永さんが転んで、

挙げ句の果てには

「おごれ!」

と言われ夕飯を一緒に食べることになります。

なんつー遠慮のない爺さん。

しかし零くんはうなぎや日本酒をおごります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-16-00

 

おいしそ〜〜〜

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-16-42

こっちも・・・おいしそう・・・。

そして、松永さんは地元福島の話や歴史、年金制度など

耳に入ってはすうっと抜けるような話題を延々と語ります。

(もはやただの酔っ払い)

ですが帰り道、零くんに意外な一面を見せます。

「将棋 好きですか」そう零くんに問いただされて松永さんは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-01-17

「勝ったときは叫び出すほど嬉しくて

負ければ心臓を泥靴で踏みにじられるように 苦しくて

世界樹に”生きる価値なし”と言われたような気持ちにさいなまれた・・・

なのにっ・・・それなのに辞められなかった

この気持ちを

そんなっ 言葉なんぞで

言い表せるものかっっっ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-01-41

と、涙して見せます。

深すぎて、言葉が出ないとはこのことですね・・・。

その時香子から電話があります。

松永さんとの対局について物申されそうになった零くんは、今日この言葉にかぶせて言います。

「辞めないよ 松永さん 

続けるって 将棋」

そう言い、香子との電話を切るのです。

でもって。松永さんが将棋を続ける理由の一つに、

妻の家事や孫の世話をやらされるのが嫌で将棋という言い訳がなくなるのは辛いとかなんとか・・・

そんな理由っ?w

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-18-03-10

 

 

ー以下、感想ー

 

なかなか人生とは?を投げかけてくる回でした。

しかし、これこそが3月のライオンの醍醐味と言いますか、他の漫画にはない部分なのです。

3月のライオンは、ただ綺麗な言葉を並べ立てているだけじゃない。

人間という生き物を決して美化していない、んだけれども、人間の美しい部分を切り取っている。

だから好きですし、この回もそういう部分が色濃く出ている回だったので

よかったなと思います。

 

第10話感想

 

「贈られたもの」

ーあらすじー

 

姉の香子から、時計を忘れたと連絡があり、渡す場面から始まります。

そして香子が出るシーンでは、いつも零くんが次に対局する相手の情報を

香子がねっとりと解説します。

零くんの次の対戦相手は12月24日の順位戦で戦う

安井六段

普段は腰が低くて気が弱いのに

負けると飲んで人が変わったように暴れてギャンブル

ついに奥さんとの離婚が決まったらしいが娘さんは

「クリスマスまでパパと一緒にいたい」というのだとか。

そして香子は言います。

勝って帰ってきたパパと負けて帰ってきたパパ。

さあ、最後のクリスマスの思い出にふさわしいのはどっちかしら?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-26-38

零くんは複雑な面持ちでその場を後にします。

 

そして終業式に林田先生から

出席日数がギリギリ足りてるけど、3学期、対局が増えるとやばいかもと告げられます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-33-31

しかしあまり気にしていない様子の桐山くん。

可愛いですね。こういうタッチ好きです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-33-49

クリスマス。いつからか嫌になったという零くん。

その一年、友人、家族、他人に、どれだけ愛されたかという通知表みたいだと言います。

そして対局場に向かう零くん。

ここで安井六段を見かけ、今日このいったあの言葉を思い出します。

「勝って帰ってきたパパと負けて帰ってきたパパ。

さあ、最後のクリスマスの思い出にふさわしいのはどっちかしら?」

そして、いざ対局。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-40-21

こちらが安井六段。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-37-33

目が死んでる。笑

香子曰く、普段はおとなしいのに負けると飲んで暴れるパパとのことです。

そして対局の最中、零くんは

安井さんからアルコールの匂いを嗅ぎ取ります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-40-07%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-41-19安井さんは途中から勝ちへの執念も薄れたような駒運びをします。

負けたら娘さんとの離婚前のクリスマスがバツが悪いので、なんとか勝とうとするだろう

考えていた零くんは、あまりにも安井さんのやる気のなさに、落胆します

安井さんと零くんの対局は、零くんが冷静に詰めていき、零くんの勝ち。

負けた後の安井さんは、態度も悪いです。

独り言のように言い訳のような小言をつぶやき

そして感想戦もせず帰って行ってしまいます。

しかし零くんは安井さんがコートを置いていた場所に、おそらく娘さんに渡すであろう

プレゼントを見つけて安井六段の後を追いかけます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-44-06

そこで安井さんは、負けて娘さんに渡すであろうプレゼントも煩わしく感じてしまったのか

「俺のじゃない」

と言います。

「安井さん!」

なんとか渡そうとする零くんから、

もぎ取るようにプレゼントをもぎ取って、睨むような目つきで

去る安井さん。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-45-10%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-44-51%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-43-57

零くんは、勝ったにもかかわらず、後味の悪い感じで帰路を行きます。

だんだんと足早に走る零くん。

そしてついに開けた場所で、胸の内を空高く吐き叫ぶのです。

「全部俺のせいかよ!

弱いのが悪いんじゃんか!酒飲んで逃げてんじゃねえよ!

勉強しろよ!してねえの若んだよ!

弱い奴に用はないんだよ!こっちは他に何もないってくらい

将棋に全部かけてんだよ!!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-47-50%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-18-49-03

 

ー感想ー

 

第9話で、将棋歴40年の松永さんを負かし、

第10話で、離婚前の安井さんを負かし。

勝つ方が、むしろ追い詰められている。

そう感じました。

羽海野チカ先生は、光よりは影を書くのが上手だなと思います。

着目点。と言いますか。

そして、零くんは心がはちきれて、叫びだしてしまったんですね。

めちゃくちゃ正論。

弱い奴は来るんじゃねえって当たり前ですよね。

それで八つ当たりみたいなことされても、どうしろって言うんですかってね。

だから負けるんだよ。

って言ったらトドメかな?

う〜〜ん。

でも、負けた方も実際こういう人が7割くらいだしね・・。

はっきりとは言わなくても、人間誰しも負ければ、素直に自己反省できているかっていうとそんなことないですからね。

頑張れ零くん。

 

 

P.S.そういえばニャー将棋音頭が配信されたって

二階堂が編み出したニャー将棋絵本から派生した

ニャー将棋音頭がついにアップルiTunesで配信されたようです。歌詞はバッチリ調べときました。o(`ω´ )o

「3月のライオン」ニャー将棋音頭の全歌詞発表

第7話までの感想はこちらをご覧ください。(結構ざっくり)

アニメ3月のライオン7話まで 感想・電車広告にある名言紹介

-3月のライオン, 少女漫画, 青年漫画, 青春群青劇

Copyright© アニコミクス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.