少年漫画 青春スポーツ

弱虫ペダルNEW GENWRATIONアニメ3期 第5話 感想 

投稿日:

しばらく間が空きました。

弱虫ペダルの第5話の感想したいと思います。

弱虫ペダルは、最初喰わず嫌いでした。

でも、読めば読むほど、熱い展開にグイグイ引き込まれていく・・。

げえっ!

いつまでたっても絵になれないのに、どんどん読んじゃった!!!

っていう稀有な神漫画です。

で、アニメだと絵の苦手さもあんまり出ないから尚いい!!っていうのが私個人の意見。

御堂筋本当きもいのはアニメも漫画も相変わらず・・・。

原作の内容は28巻です。

それでは弱ペダNEW GENERATIONアニメ第5話の感想ですよ〜!

 

スポンサードリンク


弱ペダNEW GENERATIONアニメ第5話のネタバレ

今泉と鳴子。

「お前も痛感してるだろ

3年生の抜けた穴のデカさを

〜〜〜

3年生がいた頃よりも練習強度が下がっているのは事実だ

このままでは、俺達は勝てない」

鳴子「せやったらどないせえいうんや」

「鳴子 お前も俺と同じ オールラウンダーになれ

平地の時間を減らして山を登れ」

「無理やな

わいは生粋のスプリンターや」

杉本サダトキという超でかい子が自転車部に!

なんと総北を受験する予定の中学生で、杉本君の弟。

「す・・すごい!」

サダトキ「僕小野田さんの大ファンなんです!!」

しかし、今泉は反対。

サダトキは平地も上りも全くできていないので、今泉は邪険に扱います。

坂道は必死にやり方を教えます。

今泉君は言い放ちます。

「もうそいつは置いていく。俺たちが相手にしているのは全国だ。」

しかし、手嶋さんが

「あのおむすびと3分一緒に走ってこい」

といい、サダトキの可能性を引き出せるとけしかけてきました。

そこで今泉君は

「小野田のフォームをコピーしろ」

と言います。

その指示を与えた途端、一気に坂道のところまで追いつきます。

(一瞬だが、小野田のフォームをコピーしやがった)

手嶋先輩「後輩がよくできたら、褒めてやれ」

しかし、なんだか褒めるのが苦手な今泉君。

サダトキ「ごちそうさまでした!!」

場面は変わって、

手嶋先輩に鳴子が言います。

「スプリンター、やめてええですか?」

しかし、

「お前はスプリンターとして申し分ない。

何を悩んでる?」

しかし、鳴子は一回大阪に帰ることに。

(行ってみるか・・・わいの原点。

ここなら何かをつかめるかもしれん。)

そして、毎日草レースしてスプリンターを覚えた大阪草レース場へ。

「騒ぐわ!わいの赤い血が!!」

そして、阪大付属の柿本竜太に勝負を挑まれ、鳴子は3周の勝負を受けて立ちます。

さすが、柿本は早い!

しかし、鳴子はゴール手前で異様に伸び勝利!

奈良山理学園の大粒健士が続いて勝負を挑んできます。

鳴子「正直、誰!?」

「あんた十分速いで!!ただわいが、常人じゃ考えられんくらい速いだけや!」

「勝負しよや」

(御堂筋!!!)

「10周

お前の最後や ただ勝負するだけやおもろない

かけよか 何か大切なものを」

「次の勝負で負けたら・・・

スプリンターをやめるわ!!!」

 

スポンサードリンク


弱ペダNEW GENERATIONアニメ第5話の感想

鳴子の明快な明るいキャラクターが好きな私。

「正直、誰!?」

のシーンはさらっとしてましたが、結構シュールでふふふって感じだったよ。( ^ω^ )

鳴子とはともだちになれそうです。( ^ω^ )

スプリンターとしての鳴子は、オールラウンダーに転向するのでしょうか?

総北も世代交代によって、大きく変わりそうですね。

今泉くんって本当にできるやつには手塩をかけ、少しでもできないと思うとかなり冷たくて

なんかストイックすぎてなんだかな〜。と思いました。

その点、手嶋先輩は、さすが先輩ですね。

いかに、後輩を伸ばすか。

そのことをよく理解しています。

こういう姿勢が今まで総北を伸ばして支えてきたんでしょうね〜^^

そして、大阪草レース。

鳴子の原点。

次から次へと勝負を挑んで来られる鳴子さすがw

で、

デデデ出てきました。

私の好きではない(むしろ嫌い)なキャラクター、御堂筋。

一般的な少年漫画って、敵キャラクターにも共感を持たせると思うんですけど

この御堂筋には、共感どころか、嫌悪感です。笑

なんかそれはそれで、キャラ立ってるのですごいキャラなんだなってのは理解します。

します・・・・・

でも受け付けないものはしょうがないですね。

本当に御堂筋はきもい!声を大にして言いたい!

きもい筋!!!

負けたらスプリンターをやめる???

絶対負けない自信か、スプリンターをやめるきっかけが欲しいのか・・・

なんか両方な気もしますね、鳴子くん。

頑張れ〜( ^ω^ )(御堂筋との扱いの差!!!)

 

まとめ

ちょっと遅れました。

今回は、総北に杉本サダトキという期待の新人君がやってきましたね。

あと、鳴子が今泉にスプリンターをやめろとか言われて不機嫌になって・・・

部活を休んで大阪に戻るも、

結局自転車にはのっているという・・

生粋の自転車オタクです。

第6話は御堂筋vs.鳴子。どちらを応援するかといえば、もちろん鳴子。

鳴子が御堂筋に負けるところなんか想像したくもないし、できません。

できれば開始1分で負かして、早く画面から追いやってほし・・・(おっと)

まあ、そんな感じで、応援したいと思います( ^ω^ )♡

 

スポンサードリンク


-少年漫画, 青春スポーツ

Copyright© アニコミクス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.